名は、イルマ

Dscf0003 このおぞましい姿。こいつも15のアクマの一匹です。名はイルマ、103歳、メス。 

アクマは、道具の上だろうが、デザイン画の上だろうが、商品の上だろうが、所構わず小便します。

アクマは、バッタだろうが、クマ蜂だろうが、ネズミだろうが構う事無く甚振り、時にはハリネズミをも硬直させます。

アクマは、食事中だろうが、商談中だろうが、見学会の最中だろうが、所構わずムツゴロウさんも動物嫌いになるくらいの、くっさい屁をお見舞します。

アクマは、電ノコの爆音にも、、ガスバーナの炎にも、一切恐怖を感じません。

アクマは、銀をヤスった時に出る熱を冷ます用の水をがぶ飲みします。(上写真)

そんな中、SALSIERA(卓上用のソース入れ057 )が完成。受け皿の波の打ち出しは自分がやりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

15のアクマ

雪山の真っ白な幻想の世界から、ネコ15匹の凄む異臭漂う灰色の工房に帰ってきて早二週間が経とうとしている。

皆さんネコ15匹の住む平屋、想像できますか?

まったく可愛いもんじゃないです。

毎朝一番に出勤するアルドの仕事は、まず職場の換気から始まります。そして、ネコ達のマーキングの掃除へと念入りにこなしていくわけです。15匹の尿の痕跡、全部処理しきれるもんじゃないです。すでに床に染み付いてホコリを纏い黒ずんだ場所が数箇所。

「なんか臭わない?」と機材の下を掃いてみると、コロリンと、まあ可愛らしいかりんとうが現れる事も日常茶飯事。トイレは一応設置してあるのですが、15匹のキャラクターを仕付けるなんて偉業だれができますか?でも、たまにこんなとこ見せられるとね・・・050

そんな中、また蟹を作りました。054 062

| | コメント (4) | トラックバック (0)