工房の仕事

亀甲文様シリーズ第2弾

猫の祭典も一段落。
ちょっと猫から離れ、アクセサリーの制作も進行中です。
以前、アップした亀甲シリーズのペンダント、リングに続きFoglia Firenze 1935の新作メンズコレクションも続々と登場!

メンズコレクション、亀甲シリーズペンダント(甲羅模様バージョン、銅・真鍮製)
Image_4

亀甲シリーズ、バックル(真鍮製)
Image_5

ペンダントには、銅板を打ち出して装飾した亀の甲羅のパーツで飾っています。
バックル中央にはFoglia Firenze1935のロゴマークが入っています。
シルバー、ゴールドなど他の金属でも受け付けてます!
更に進化する日本の伝統文様シリーズ、乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Foglia men's collection

聖遺物収納箱の制作が苦戦する中、先日急遽決まったディナーショーでFogliaのアクセサリーを披露する機会がありました。

トスカーナのテレビ局rate38のサッカー番組でマスコット的存在のタレントCarlotta さんとのコラボです。
彼女はテレビタレント業の傍らご自身で洋服のデザイン、仕立てまでこなす活動家。
会場の様子は改めてアップします。

そして、メンズの新作コレクションの初舞台ともなりました!
日本の伝統文様、「青海波」、「流水」、加えて歯車デザインをモチーフにしたペンダント、バングル、リングを制作。
Image


Image_2


Image_3

更に新たなシリーズも考案中です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖遺物収納箱の制作

先週「パリ・NEKO・コレクション2016」が終了いたしました。
まずは、この展示会を運営しくださっている皆様、在廊して盛り立ててくれた作家の皆様、ありがとうございました。
そして、ご来場して下さった方々にも感謝しつつ、皆様の応援と共にもっともっと進化した創作をしていきたいと思っております。
今後とも宜しくお願いいたします。
次は、北鎌倉に向け新たな作品も進展中ですので、ご期待下さい!

工房では、Reliquiario(聖遺物収納箱)の注文が入り、製作中です。
Image

四角い土台の上に、法衣を纏う肘から先の腕部分がどっしりとそびえ立つデザイン。
注文内容の詳細は、この写真と仕上がりの高さ、収納ケースとそれが収まる腕中央の装飾部のサイズのみ。
幅、奥行きはもちろん、この手に握り締められている物が何なのかも聞かされず、
この写真から情報を絞り出しつつ進めています。

Image_2
この並べられたパーツを組み立てていきます。

Image_3

土台になる部分を組み立て、ロウ付け作業。

残すはロレンツォが苦労している手の部分。
これが、真鍮板を叩いて伸ばして形にしていく時間の掛かる作業です。
今週いっぱい使って終わるかどうか、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉のネックレス

昨日バタバタと急ぎで仕上げたシルバーと真鍮のネックレス。
Image_3

以前紹介したフィレンツェの老舗オートクチュールのアーティストであり、オーナーのジュリアカルラ・ポーラさんの依頼を受け制作。
前方の渦巻きの部分が取り外せるようになっていて、後方には蝶番があり開く構造になってます。
即気に入ってくださり、今後どんな面白いものが注文されるか期待するところです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年元日

早いもので21世紀も16年の時が流れましたか、、、
フィレンツェで生活が始まり16年なろうとしています。
本年も宜しくお願い申し上げます。

元旦は、気持ちの良い快晴で工房に居るのはもったいない1日でしたが、
どうしてもやっておきたいものがありまして、、、
来月のパリ・ネココレクションの作品を少しでも終わらせておきたかったのです。
なぜなら、今月末には送り出さないと間に合わないところ、まだ一つも仕上がってないのです(;´Д`A
昨年末は、色々と他の仕事が立て込んでいて、バタバタと先月半ばから開始した次第で、
来週から工房の方も始動するので、個人的作業はその前にできるだけ終わらせねば!
ネココレクション2016の詳細はまた改めて告知いたします。

2年前の今日は、工房の注文に追われていて、催促の重圧に耐えながらやはり元旦から仕事してましたね〜
因みにその仕事の記事は書きましたが、卸業者からの注文で写真は載せられなかったのです。
今までに載せられなかった仕事もちょこちょこ 載せていきたいと思います。
その第一弾。

Image


Image_2


Image_3

オールシルバーのタツノオトシゴ。
これは、どっかの豪邸の片隅を飾るオブジェとしての注文。
元旦早々、縁起の良い注文ではありました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dicembre

12月ももう半ばに!
池袋東武デパートのクリスマスの催事、FOGLIAの新作ジュエリーファッションショーも無事に終わり、
新たな反応を得る事ができました。
今後の課題も盛り沢山です!
まずは、来て下さった皆様に感謝いたします。
日本での催事には、仕事の都合もありなかなか作家本人が出向く機会もありませんが、
それでもこうして見に来てくださり、色々と意見を言ってくれる皆さんに感謝致します。
もっともっと自分とそして皆さんも満足できる作品を生み出していけるよう日々精進していきますので、
今後の活動にも注目してみてください!

写真はファッションショーの模様と、もう間近に迫るクリスマスに向けて追い込み になる仕事です。

Image

Image_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

500人広間でのファッションショー

昨日から今日にかけて、今夜ベッキオ宮殿の500人広間で予定されているファッションショーにうちのアクセサリーが起用されることになり、その仕上げに追われてました。

Image

Image_2


故ジュリアカルラ・チェキ夫人が一代で気づきあげたオートクチュールの老舗。
フィレンツェに生まれたこのブランドは、国内のみならず世界でも活躍の場を広げ、
現在ルネサンス発祥の地で美のセンスとフィレンツェ特有の職人気質を兼ね揃えたデザイナー、長女のポーラさんが継承しています。

このイベントのスポンサーが錚々たるブランドメーカーとあって、良き繋がりがまた出来るのを期待します!
会場の写真が手に入りましたら後日アップしますよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金の首飾り

昨日は久々の秋晴れの日曜日、朝から家事も捗る捗る。
新居のベランダから、真ん前の工房の屋根で日向ぼっこする猫を眺めながらの読書も
気持ちの良いもんです。
日本も秋らしい秋が続いてる様で気持ちの良い毎日ですね。

さて、工房では11月に控えた新作アクセサリーの発表イベントを企画していて、その準備に追われる日々。
モデルさんを使っての新作の撮影会、資料用の撮影、包装用の箱の準備など雑用も含めバタバタしています。

その間、Arezzoのジュエリー会社と提携して、ゴールドをふんだんに使い薔薇を打ち出したネックレス、ブレスレットを作りました。

Image

これだけのゴールドを使って仕事したのは初めて。
銀、銅、真鍮と比べて加工しやすい金属で、今後も金の注文が入って来れば良い仕事になるのですが、、、

そして、銅鍋。
Image_2

こちらは、フィレンツェの銅器を扱うショップからの注文で、アメリカのショップに送られるようです。
この仕事もうまく波に乗れば量産型の仕事に展開していくので、期待するところ!
そこから、うちの工房でしか作れない打ち出し装飾の特別注文が入って来ればもっと腕を振るえる仕事に発展していくのだが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロフィ

コルシーニ庭園での工芸展も終わり、細々とアクセサリーの注文やら、馴染み業者からの注文、
これからの観光シーズンに向け、サンジミニャーノというフィレンツェから日帰りでもいける観光地でジュエリーショップを営む知り合いに委託で置いてもらうブレスレットなどを製作中。

そして、こんな注文も入ってきました。

Image

馴染みの業者からの依頼で、サッカーセリエA元インテル、元アルゼンチン代表MFハビエル・ザネッテイへの功労賞とも言えるトロフィ。

このトロフィは最初、好調フィオレンティーナの現監督モンテッラに贈られるものでしたが、4月半ばからのリーグ4連敗が響き、急遽ザネッテイに変更という経緯を辿ってます。
モンテッラ残念!
たまにこういう異質な注文も入ってきます。

そして、前回のワイングラスに続き器ものも作ってます!
近々載せま〜す!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作ペンダント(ブローチ)

色々と雑用もあり、中々進まない工房作品の制作ですが、
2作目は、シルバーのペンダントトップ(ブローチでも可です)

Image

花畑からカモがバラ背負ってやって来る?

その薔薇は、真鍮の「黄色い薔薇」、花言葉は「希望」。
未来への「希望」を皆様のところにお届けします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧